夢の坂(再編集版)のイメージ

夢の坂(再編集版)

1998年にacuteより発売された「起動困難だがシナリオは秀逸」とされた怪作にして良作を容易に起動できるようにリメイク(acute様よりリメイクの許諾を得ています)

user-pic
vote 86
comment 4 (平均:4.5点)
view loading

登場人物の大半に深い心の傷があり、心に傷を持つ彼らが古い伝説を持つ「夢の坂」の「怪異」に巻き込まれながらも、自分のあるべき場所、進むべき道、帰るべき場所を見出そうとする物語。

シナリオは良質とされながらも起動が難しくプレイが困難であった、「夢の坂」をシステムを一新して容易にプレイできるようにリメイク。今日の伝奇ノベルとは一味違う独特のシナリオ展開は一度プレイしてみる価値あり。主人公もヒロインも精神年令は訳ありの名門校の生徒ということで高めだが、等身大の少年少女として描かれ、かつ皆魅力的に描かれている。

深刻なトラウマ、ふさがらない心の傷。それを持った男女が弱みを見せぬよう心を壁で閉ざしながらも、救いを求める物語。
傷の舐め合いでなく、真の救済を与えてくれる運命の人はいるのか?

心を開けば傷を負い、心の傷口を見せれば心の痛みはさらに増す。しかし、心を開かねば自分の傷は癒されず、救いを受けることはできない・・・想いを寄せた相手はトラウマから心に壁を作り、告白をすれば拒絶される・・・しかし拒絶した相手も心の奥底で救いを与えてくれる人を求めていた・・・。

そして彼らを巻き込む古い妖魔の伝説を持つ「夢の坂」・・・。

シリアスで重い展開あり、ギャグあり、緊迫した展開有り、涙ありの伝奇ノベルゲーム。伝奇小説としても菊池秀行氏に代表される「伝奇アクション」より、半村良氏に代表される「伝奇ロマン」に近い部分があります。シナリオの作風を広げたい方にも参考になる作品のはず。

本作は、元々の制作ブランドである「acute」の許諾を得てリメイクと配布を行っています。

ゲームポイント

(1)クリア時間 25時間程度(読み直ししてしまう傾向があるのでもう少し長くなるか?)
(2)ボイス無し
(3)ヴィジュアルノベル
(4)マルチエンド
(5)深刻な重い展開、悲しい展開あり
(6)謎解き、伝奇、成長もの

最も注目してほしい点、力を入れた点

今日の伝奇ヴィジュアルノベルとはベクトルが少々違う伝奇物語を起動しやすくリメイクしました。
また、原作の雰囲気を残しつつ、ゲームとしてやりやすいシステムとなるように努力しました。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

マニアの間で語り継がれる、伝説的な良作にして怪作、「夢の坂」がリメイクされて登場です。

レビューや再配布は自由に行っていただいて結構です(ただし18歳以上の方のみ)。

ただし、実況したい方は投稿者まで連絡をください(ソフトに同封したテキストのメールアドレス、Twitterのアカウントまで)。相談の上で決めさせてください。よろしくお願いします。

[夢の坂(再編集版)]をダウンロード

対応OS
Windows
配布形式
完全無料
カテゴリ
ノベルゲーム
最終更新日
2015年12月21日
DL回数
制作者
freak1513
Version
1
本体サイズ
200MB

夢の坂(再編集版)のレビュー一覧 (6)

  • user-pic
    • 5 stars
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    設定も手が込んでいたけれど、登場人物たちの織り成す悲しくも切ない物語に感動した。
    最終シナリオで、それ以前のルート別エンディングで幸せに終わっているようでいて、実は泣いている人達が居た、ということを気が付かせる終わらせ方は独特だと思った。
    色々問題はあるけど、川崎さんのルートが一番皆が幸せな終わり方なのかな。
    一番感動したのは吹雪のシナリオだったけど。
    最終シナリオの広瀬は可哀そうで見てられなかった。あの後ちゃんと立ち直れたのかな・・・。

  • user-pic
    • 5 stars
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 5

    既に書かれてるかもしれないが、1998年に作られたとは思えない「作り込まれた設定」に驚き、そして登場人物の「心情描写」が胸を打つ。切なさ、悲しさ、愛しさ、人の心の怖さ、美しさがどれも深く描かれている。スタンプで押した記号化された陳腐なキャラの描き方などなく、ちゃんと一人の人間として描かれている。伝奇として面白いけれど、異色の青春モノとしても素晴らしい。昔のゲームゆえの古臭さはあるけれども、ぜひともプレイして欲しい作品。
    特に吹雪氷雨の心が救われるシーンはとても感動的だった。こういうヒロインの心が救われるシーンをちゃんと書けるシナリオライターはあんまりいないんじゃないかな。ボリュームもい結構あり、中~長編を楽しみたい人にはぜひ勧めたい。

    真・リメイク版はなんとしても出して欲しいところ。

  • user-pic

    作り込まれた設定と人物描写が素晴らしい作品。日常会話に古さを感じさせるものがあるが、逆にキャラクターの内面描写、心情の描写は今の作品にあまりない深みがあり、心に訴えるものがある。
    あまりここまで書けるライターはいないのではないか?と思う。
    この「再編集版」を足掛かりに「真リメイク版」まで作ってもらえたらなあ。

  • user-pic

    オーソドックスな学園モノと思ったら、実はかなり異色の伝奇ノベル。
    伝奇好きはやって損をしない作品。
    設定や、「魔物」側の攻撃手段はかなり特殊で、1998年に作られた作品とは思えない。

  • user-pic
    • 5 stars
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    埋もれていた良作、というのがピッタリな作品。日常パートに古さを感じさせるものがあったけど慣れれば問題ないかな?ただ、主人公がトラウマを克服できたのか?については疑問が残る。攻略対象の7人の女性キャラに過去の主人公のトラウマである「自分が性的虐待の被害者」だったことを明かしたのは一人しかいない。心の痛みを共有できる人を探して、前向きに生きること、を作品は訴えていると思ったけど、やっぱり主人公は十分にできていなかったようにも見える。ただ、主人公は不利な状況下でよく頑張ってはいたし、逃げずにヒーローしてました。立派です。しかし、髑髏と人骨の魔法陣を使って陰で酷いことしてた連中が制裁を食らわずに済んだのは、納得がいかないかな。まあ、そこは不満が残るけど面白い作品でした。

  • user-pic
    • 5 stars
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    作られた時期を考えると、かなり深く掘り下げられた伝奇モノ。登場人物の発した何気無いセリフに実は深い意味があったりする。古臭ささもあるけど、逆に今のゲームや小説にはないものがある。
    特に最後の戦いで、ヒロインから「受け取ったもの」によって、敵との戦いに勝利する(というか
    調伏するというべきか)といった感じになっているのはおもしろい。

    あるヒロインから「愛」をもらって、「愛」によって、相手を成仏させて打ち克つ(勝つよりこっちの方がただしい気がする)、あるヒロインから「智慧」をもらって「敵」に力を与えていた存在を説得して、「力の供給」をやめさせて、「敵」を無力化して勝利、とか。

    結構怖いのや、痛々しいシーンもあるので注意してみるべき。ギャグは多いけどそれを隠すオブラート
    かも。

夢の坂(再編集版)のレビューをする

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

12345

キャラが可愛かったかなど。

12345

ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

快適にストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

ゲーム内容は別にして、どれぐらい興奮したのかなどエロの度合いや18禁としての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

夢の坂(再編集版)
に雰囲気の近いエロゲーム