犬松Ⅲ

user-pic

今まで1ゲーム 投稿しました

コメント数は6回です

  • follow icon0フォロー
  • follower icon1フォロワー
  • 水狐・地獄変(ボイス有り)へのコメント(2017年2月23日 07:22)

    改めて復旧を試みたところ、思いがけず良い方法が見つかり、短時間で復旧に成功することができました。
    これもひとえに応援の声を頂けたおかげだと思っております。
    何はともあれ、楽しんで頂ければ幸いです。

  • 水狐・地獄変(ボイス有り)へのコメント(2017年2月22日 06:13)

    要望ありがとうございます!

    スマホ版に関しては解決の難しい問題が多く、後回しにしていました。
    今後も必ず復旧できるとはお約束できないのですが、そのための努力は続けて行く所存です。
    申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。

    復旧に成功した場合、Pixivの方でも知らせて頂くようお願いしておきます。

  • 没落令嬢の奴隷生活へのコメント(2016年9月23日 12:09)

    • 3 stars
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    プレイさせて頂きました。

    令嬢が奴隷に堕ちるという、ベタながらそそるシチュエーションがとても良いですね。
    エロ描写そのものよりもむしろ奴隷待遇の悲惨さ・屈辱の描写が光っていた印象です。
    どんどん増えるトラウマによってしばしばパニックに陥るコーデリアも見所でした。

    特にたった一発の鞭が後々まで尾を引く下りはとてもそそりましたね。
    樽で用を足す下りも含め、専用絵が無かったのが残念なところです。

    反面、エロ特化の為のシチュエーションでありながら、実際の実用性は低く感じました。

    まずヒロインが冒頭からして既に政略結婚を強制されるという不幸な状態であり、
    かつ他人の不幸に思考を巡らせて憂うような聡明さも併せ持っています。
    そのために没落貴族モノに欠かせない偉そうな令嬢を下剋上するといった快感が薄く、
    かと言って不幸な少女が更に不幸になるという可哀想な娘萌えとしても、出自故に半端に感じました。

    また、陵辱シーンの選曲がやたら暗かったのも気分を乗せ辛く、実用性の低さに拍車をかけていたように思います。

    しかしながら現状への考察と現実逃避を繰り返すコーデリアの内面描写は秀逸で、
    ヒロインと緊迫感を共有しながら感情移入して最後まで飽きずに読むことが出来ました。
    ただ、出来ればもう少し先のコーデリアの末路まで見届けたかったですね。

    プレイさせて頂きありがとうございました。
    次の作品にも期待してます。

  • 水狐・地獄変(ボイス有り)へのコメント(2016年9月15日 23:57)

    プレイありがとうございます。
    原作未読の方に楽しんで頂けたのはとても嬉しいです。
    特にゲームへの入りやすさに関しては最近悩んでいたので、そういう評を頂けてありがたいです。

    ゲームは原作の素晴らしさあっての物なので、原作も楽しんで頂けたら幸いです。
    ちなみにPixivの方では期間限定で新しいゲームの特別編を公開中なので、よろしければそちらもよろしくお願いします。

  • 雨夜の迷い猫へのコメント(2016年9月 1日 12:23)

    • 3 stars
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3

    プレイさせて頂きました。

    家出少女に懐かれ、男物の服を着せたり、一緒にお風呂入ったり、
    シンプルだけどフェチズム溢れるエロシーンが良かったです。

    ただ、エロシーン以外の主人公とヒロインの思考回路があまりに不自然で、読むだけのノベルゲームとしては少々苦痛な面も感じました。

    (後ろからついてきている少女が滑る音と共にうつ伏せに倒れているのに転んだと理解できない主人公、ホットミルクを要求しておいて30秒待たされただけで遅いと怒り出す少女など)

    前述の通りエロシーンはとても良かったので、そこを重視した新作に期待したいです。

  • 水狐・地獄変(ボイス有り)へのコメント(2016年7月12日 21:49)

    原作ファンの方にストーリーを褒めて頂けて大変光栄です。
    新規イラストはこちらの原案に合わせて原作者様が作って下さいました。

    音量調節ですが、少し調べてみた感じでは実装は簡単では無いかもしれません。
    ですが前向きに善処させて頂きたいと存じます。

    感想ありがとうございました。